パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国でも放射性廃棄物の処理先が足りない状況に」記事へのコメント

  • あんなに無人地域がある国でも放射性廃棄物を最終処分できないなら、日本なんて無理だね。無理だから原発所在地がそのまま放射性廃棄物を最終処分地になるんだろうね。行き場所が無くて管理された状態で放置されるということは、そういうことだよ。

    • どう足掻いても今まで使った分の廃棄物が消えるわけでもなし、今の資本主義ベースの人口や社会&経済システムを維持するつもりなら結局色んな国で原発は稼働し続けるでしょうし。
      いよいよ核種変換とかに期待するしかないのかも。

      #お隣の国なら強権的に処分場作れそうだけどね。

      • by Anonymous Coward on 2014年05月30日 2時22分 (#2611375)

        長寿命核種に高速中性子当てて分解する技術ならとっくの大昔からあるわ。
        あまりにトンデモなコストがかかるからもんじゅに地位を奪われただけ。
        原発5機分の処理ができる設備を起動するだけで当時の日本の全発電量相当の電力が必要と言われた。
        年に何度も屋島作戦しないといけないなんて言ったら、それこそ日本の経済財政が軽く吹っ飛ぶ。

        親コメント
        • どこの異世界のもんじゅだそれ?
          FBRてのは余計な核毒の発生をなるべく抑えて発電しながら効率的にプルトニウムを生産するための炉であって、放射性廃棄物の核種変換なんてしないんだが?
          まあ、もんじゅは延命のために核種変換の研究施設にしてブランケットに使用済み燃料挿入しようとしてるが、オレに言わせりゃ普通に運転するよりそっちのがヤバイわ。
          FBR研究だったら現地には濃縮ウランが入ってきてプルトニウムが軽水炉より少しばかりリッチな使用済み燃料が出てくだけだが、核種変換研究なら現地にもりもり放射線を出す高レベル放射性廃棄物が入ってきて余計にもりもり放射線を出す高レベル放射性廃棄物が出て行くんだからね。
          親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...