パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

神戸大学の教授、「海をダムに見立て発電」という永久機関のような構想を発表」記事へのコメント

  • リンク先を見るまでは
    「海水はモーターを使って容器外に排出する」ってのが引っかかるものの
    潮汐じゃないのかなぁ、とおもったのですが、どうも違うようで。

    潮汐を使って「ダムのような」発電をするなら、
    満潮や干潮のタイミングで防潮扉を開閉するエネルギーよりも
    発電により得られるエネルギーが大きければ何とかなりそうです。

    波浪によるエネルギーを使うほうが継続的に発電できるのかな?

    --
    屍体メモ [windy.cx]
    • by digoh (17917) on 2012年03月01日 13時16分 (#2108988) 日記

      潮汐発電、あるいは波力発電はすでに存在しますね。
      ある程度安定した幅が確保できる潮汐と比べると、波浪はやはり安定性に欠ける模様。
      でも浮上物でも波力発電は可能なので、ブイとかに使えます。

      今回のは、
      「ブロックを積み上げた状態で、一番上のブロックを取り、その落下からエネルギーを得た後、落ちたブロックを積みブロックの一番下に押し込む」
      というステキな発電方法ですよね。ステキステキ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        今までで一番わかりやすいたとえだ。

    • by epgrec (43527) on 2012年03月01日 13時19分 (#2108993)

      潮汐力発電は既に実用化している例がありますよ。
      波浪を使う発電もアイデアとしては結構、古くからあります。
      実用化した例はなかったと思うけど…

      親コメント
      • 関門海峡潮流発電設置推進事業 [kitakyushu.lg.jp]
        発電に使えそうな流れの早いところは、海上交通の要所でもあるのがネックですね。

        親コメント
        • 三陸のリアス式海岸をそのままダム湖にして、満潮のときにくみ上げて干潮のときに排水すれば、巨大な揚水発電所と潮汐発電所と防波堤が同時に作れますね。

          親コメント
          • 人が住んでいるなら既に漁港なって堰は作れないと思いますし、
            人が住めない険しい場所では防波堤の役割は無いんですよね。

            (揚水発電所と潮汐発電所が同時にってどういう意味だろう。海水揚水発電所であれば高い位置が必要な気がする)

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            諫早湾で、防潮堤を作って干拓したら、海洋汚染が深刻になって
            問題になってますね。

            • by Anonymous Coward

              オフトピですまんが、そりゃ地形を変えるんだから環境変化は発生しますよ
              それが一時的か継続的かってのが重要だと思うんですよね
              諫早だって、数年ほっとけば元々その地形だったかのように
              環境は安定して、その環境に応じた生活を構築すれば良いと思うんですよ
              それを開門するとかしたら環境が安定するのがどんどん先に延びるだけで
              皆が不幸になると思うんですね
              何が言いたいかというと、無駄に公共事業をひっくり返す民主バカヤローってことなんですが

              • by Anonymous Coward

                諫早だって、数年ほっとけば元々その地形だったかのように
                環境は安定して、その環境に応じた生活を構築すれば良いと思うんですよ

                世の中には、そのように「変化に合わせて俺の生活を変えればイイや」という思考をする人が少ないと共に、そういう「今までと同じ環境を維持せよ」という人達に対して「変化はありませんよ」「今までと同じことができます」と結果的にはウソになることを言って水門を閉め切った人達がいたって事でしょう。

                何が言いたいかというと、無駄に公共事業をひっくり返す民主バカヤローってことなんですが

                ウソになることを(おそらく)知っていたと

              • by Anonymous Coward
                いまなら津波で十分破壊されているじゃないか。
              • by Anonymous Coward
                > 最初から「環境は変わります。海は汚染されるかもしれませんし、海産物は採れないかもしれません」と言い、反対者を(何らかの対価などで)納得させるか、或いは「環境を変える」事に大多数が賛成しているという結論を作ってから水門を閉め切った
                もちろん地元漁協は事前にたんまり金貰ってますが何か?
      • by Anonymous Coward

        関門海峡とかパナマ運河とかスエズ運河とかみごとなまでに潮汐発電向きなんだけど、発電能力と運河によって減る舟の燃料代ってどっちが大きいんだろう?

    • 同じく波力発電とか思ったったのですが、

      西岡教授は地球の端が滝になっている「地球平面説」の絵からヒントを得た
      発電量は水の流量と落下の高低差で決まり、「例えば、海中の発電機が深さ千メートルであれば原発千基分(1基分の発電量約100万キロワット)の電気を作り出すことも可能だ」

      と書いてあるのでびびりました。海水が落下する空間を作るには、
      その位置エネルギーと等しいエネルギーが必要なのでは。。

      親コメント
      • 地球は丸いんだぜ。
        反対側の表面に落とせばいい。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          いやいや
          それなら空に向かって筒を作り、
          中を真空にすれば海水の圧力だけで一気に上まで引っ張り上げることも可能
          溜まったら管に栓をして他の管から落下させれば…

      • そもそも、千メートルで原発千基分とか言わずに、1メートルで原発一基分って言ってほしいな。(落差ということは位置エネルギーで、高低差に比例ですよね)
        これならちょっと頑張れば実験出来ますよ。

        そして、そんなに簡単に原発一基分作れるなら、関電とか喜んで資金提供してくれますよ。しかも水深千メートルはかなり沖合に作る必要がありますが、1メートルなら、大阪湾でOK。

        そもそも海である必要ないなぁ。琵琶湖でも、裏の溜池でもいい。

        # そんなところに、原発一基分のエネルギーがほいほい転がっている、そっちのほうが怖いぞ。ちょっと間違うと、ちょっとした雨風でメルトダウンしそうだ。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        あれ,今日は4/1...じゃないな

      • by Anonymous Coward

        いやきっと、配水管を地球の端まで引っ張っていって排水するんですよ。

        # なら素直に地球の端の滝で発電すればいいんだけどね。

      • by Anonymous Coward

        >その位置エネルギーと等しいエネルギーが必要なのでは。。

        揚水発電所と同じ役割は果たせるかも知れないですね。設置場所に自由度がありそうな無さそうな。

        でも水圧に耐える巨大な耐圧殻はどうやって作るんだろう?

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...