パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

キヤノン、世界最大面積のCMOSセンサーで10等級の流星撮影」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    このCMOSセンサーは202x205m

    と見えてしまい何事かと思った。
    普通なら元になるシリコン基板のサイズから考えられないのだが、シリコンウェハース自体を超巨大に生成する技術かとおもってしまった。

    せっかく㎜があるのだから使ってもよいのじゃなかろかと思った唯一の例かも

    #微細化は物理的な限度があるけどメニーコアで巨大なチップが作られる方向の話とかみるにつけ基盤サイズはでかくなる事は予想されるけどさ。

    • ウェハサイズ、研究室レベルだと400mmって
      聞いたことあるけど、実用レベルだとまだ300mmか。
      200mmやそれ以下も使っている工場いっぱいあるみたいだけど。

      チップサイズをでかくする事はできても、
      それってコストと直結するから、値段が高くなる。

      --
      TomOne
      • by Anonymous Coward on 2011年09月17日 23時23分 (#2021268)

        チップサイズをでかくする事はできても、
        それってコストと直結するから、値段が高くなる。

        単純に1枚のウェハから何個切り出すか(ウェハ1枚分のコストを何個のチップで分けるか)ってだけじゃなく、歩留まりにも効いてきますからねぇ
        #たとえばウェハ1枚に1個の比率で欠陥がある場合、100個/ウェハのチップを取るときは欠陥に当たった1個を不良にして残り99個は製品にできるけど(歩留まり99%)、10個/ウェハだと9個しか製品にできず(歩留まり90%)、1個/ウェハだと全不良・・・

        親コメント

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...